よくわかる!?賃貸の歴史

実は古い!賃貸の歴史

古代、日本の土地は全て朝廷の物であった、というのは、歴史の授業で習ったことでしょう。これが徐々に崩れ、743年に「墾田永年私財法」によって土地を私有化することが認められることが、賃貸の歴史の始まりです。開墾した土地を荘園として人に貸して、できた農作物を納めさせるのは、まさに賃貸と言えます。
現在の賃貸の形に更に近づくのは江戸時代です。特に江戸において、土地ではなく住居を借りることが発展していきます。たとえば、落語でよく登場する庶民の多くは長屋に住んでいましたし、それを世話する大家は親も同然の存在であったと言われています。長屋を借りるのは現在アパートやマンションを借りるのとよく似ていました。たとえば、決められた期日に店賃と呼ばれる賃料を払うことや、人や店の多い都市部に行くほど賃料が高くなることなどは現在の賃貸とも通じていますね。

現在の賃貸の形になるのはいつから?

現在の賃貸の仕組みがほぼ整うのは明治時代以降です。元々、住居を借りるときに仲介をしてもらうことは殆どなく、自分で探すのが普通でした。しかし、建前上移動の自由と職業選択の自由が認められるようになると、江戸時代以上に都市部に人が多く集まるようになります。それを見越した土地を持つ人々が、自分の土地に住居を建て、間取り単位で賃貸を行なうようになります。
住居の需要の拡大と受け入れ先となる住居がどんどん作られることによって、江戸時代には町内の有力者であったり世話役であった人、あるいは土地の売買を行なう財力を持つ貸金業だった人などが人と住居を仲介するようになります。そしてそれを専門に行なう業者、いわゆる不動産業者となっていったのです。
敷金、礼金については、既に明治時代から存在していました。特に関西では敷金、礼金を重視する傾向が現在も続いています。しかし礼金は礼儀として支払うものとして生まれた背景があるため、現在ではその是非が問われています。

二海郡八雲町の賃貸物件は数多く存在していますので、希望の家賃や間取り、こだわりの条件を明確にしましょう。