しっかり知ろう!?賃貸のメリット・デメリット

家を賃貸することのメリットとは?

家を買うか?賃貸するか?というのは非常に悩むところだと思いますが、決め手としてはやはり損をするか?どうかでしょうし、後は未来予測も大切になります。賃貸物件はその都度家賃を払っていくので、臨機応変に、その時々に応じた柔軟な対応をすることが可能になります。例えば自分の勤めている会社が倒産したとかになれば、収入がなくなりますから、安い家に引っ越そうか?とか、そういう対応がすぐにでも可能です。
普通に働いていて、未来永劫安定している職業は限りなく少ないので、いつそうなるか?分からないという未来予測をしたうえで、賃貸に住むということはかなり合理性があると言えるはずです。収入の落ち込みによって、費用を抑えるために安い家に引っ越すという選択肢が容易にとりやすいのが賃貸に住むということのメリットになります。

家を賃貸することのデメリットとは

家を買う場合と比べて、賃貸の場合には資産にならないということがあります。家を買えば、確かにそれだけのリスクはありますが、いざとなれば売るということも一応可能です。そして、家の中には結果的に資産価値がとても高くて、買ってから結構時が経っているのに、高値で売れるものもありますから。そういったことが賃貸の場合にはありえません。払った家賃は出て行くだけで、残った資産と呼べるものがないからです。
家を買う場合には払った金額のうち、いくらか返ってくる可能性もあるので、場合によっては家を買った方がお得ですし、住宅ローンを問題なく払い続けられれば、結果的に賃貸よりも家に支払う金額の合計は少なくて済むこともあるので、ケースバイケースですけど、相対的に賃貸の方が損をしていることもありますし、それがデメリットになるでしょう。

小樽の賃貸マンションは、周辺環境が充実している物件が多いため、快適性や利便性を追求した住まい選びを行うことができます。